読み込み用に最新エントリーを書き出す

jsRSS++はサイトのRSSを読み込んで埋め込み表示させるワケですが
RSS読み込みやパースにPerlが必須となります
MovebleType等、出力ファイルをテンプレートでカスタマイズ出来るCMSならば
わざわざ jsRSS++ を使わなくても読み込み用にファイルを出力出来ます

※ MovableType での使用を前提に書いてあります

※一度削除しましたが再掲しました
 MTタグなどは書き方が古いと思いますが参考程度に・・・

SSIによる読み込み
SSIは昔からずっと使える方法です
生テキストをそのまま読み込めるので一番簡単ではあるのですが
サーバによっては使えなかったり、拡張子を変える必要があったりと
それほど使い勝手が良いという訳でも無さそうです
なにより、別サーバからの読み込みが出来ません
entry.txt
<MTEntries lastn="5">
[<$MTEntryDate format="%x"$>] <a href="<$MTEntryPermalink$>" target="_blank"><$MTEntryTitle$></a><br />
 <$MTEntryExcerpt remove_html="1" encode_xml="1"$><br />
</MTEntries>
書き出しソース
entry.txt
読み込み方
<!--#include file="entry.txt" -->
or
<!--#include virtual="/entry.txt" -->
 
表示サンプル
JavaScriptによる読み込み

jsRSS++ も JavaScript で読み込んでいますが
JavaScript用のテンプレートで書き出せば CGI いらずです
URL指定で読み込めば外部サーバのファイルも読み込めます

entry.js
document.write( <MTEntries lastn="5"> '[<$MTEntryDate format="%x"$>] <a href="<$MTEntryPermalink$>" target="_blank"><$MTEntryTitle$></a><br />', ' <$MTEntryExcerpt remove_html="1" encode_xml="1"$><br />', </MTEntries>'');
書き出しソース
entry.js
読み込み方
<script type="text/javascript" src="/entry.js"></script>
 
表示サンプル
PHPによる読み込み
PHPも最近では使用出来るレンタルサーバが多くなってきたので
比較的簡単になってきているかも知れません
中身が単なるHTMLのソースであっても拡張子が .php になっていれば
ファイルの埋め込みなんかはすぐに出来ます
ソースは、あえて SSI 版と同じにしてみました
entry.php
<MTEntries lastn="5">
[<$MTEntryDate format="%x"$>] <a href="<$MTEntryPermalink$>" target="_blank"><$MTEntryTitle$></a><br />
 <$MTEntryExcerpt remove_html="1" encode_xml="1"$><br />
</MTEntries>
書き出しソース
entry.php
読み込み方
<?php include "./entry.php"; ?>
 
表示サンプル
iframeによる読み込み
個人的にはiframeは嫌いなのですが、まあいちおう書いておきます
iframeは独立したページを無理やり読み込むので
ちゃんと表示できる形で書き出せばどんな形式でも大丈夫です
まあ、HTMLにしときましょっか
繰り返し部分は、これまたSSI版と同じです
entry.html
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=EUC-JP" />
<link rel="stylesheet" href="<$MTBlogURL$>styles-site.css" type="text/css" />
<title></title>
</head>
<body>

<MTEntries lastn="5">
[<$MTEntryDate format="%x"$>] <a href="<$MTEntryPermalink$>" target="_blank"><$MTEntryTitle$></a><br />
 <$MTEntryExcerpt remove_html="1" encode_xml="1"$><br />
</MTEntries>

</body>
</html>
書き出しソース
entry.html
読み込み方
<iframe src="/entry.html" width="640" height="240"></iframe>
 
表示サンプル

テンプレート用のソースは余計なモノを入れずに極力シンプルに書いてあります
表示のさせ方によってHTMLタグなどで加工してください

※ iframe の場合以外、書き出し側と読み込み側の文字コードが同じでないと化けます

御意見頂戴
0 乃関連付

関連付頁所在: https://www.daikoku-ya.org/mt7/mt-tb.cgi/53

最近乃御意見

  • 大黑屋: ご返答が遅くなりまし 続記
  • しんちゃん: いつも使用させていた 続記
OpenID対応しています OpenIDについて
Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。

社交的情報網


大黒屋社交場



大黑屋本舗